お葬式の正しい服装と参列者が気をつけたいマナー

大切な人を失ったばかりの遺族はナーバスになっています。お葬式に参列するときは普段以上に失礼のないよう気をつけることが大切です。お葬式の服装は、喪主や遺族が着用する正喪服ではなく、準礼装や略式礼装がよいとされています。男性はブラックスーツかダークスーツ、女性は黒のアンサンブルやスーツが一般的です。派手すぎなければ適度に流行を取り入れたものも許されます。アクセサリーは真珠の一連ネックレスが基本です。不幸が重なることを連想させる二連ネックレスはタブーとされているので注意しましょう。黒のパンプスに黒ストッキング、バッグは布製か光沢のない革製の黒いものがマナーです。仏式の場合には数珠を持参します。合掌するときは親指と人差し指の間に数珠をかけます。手首にかけるときや持つときは左手が正しい作法です。

お葬式で使うハンカチについては、白か黒であればよいとするのが一般的です。もともと白が正式だとされていましたが、喪服の色に合わせて黒のハンカチが使われることも増えています。無地が基本ですが、派手でなければ刺繍をあしらったものやレースの縁取りがついたもの、タオルハンカチなどもマナー違反とまでは言えないとされています。ただし、原色や光沢のある素材などは避けるようにしましょう。

お葬式で遺族にかけるお悔やみの言葉には、特に注意が必要です。死亡や死去などの直接的な表現は避け、一般的なお悔やみの言葉を手短に伝えます。死因を尋ねるのも控えるべきです。重ね重ね、たびたびなど不幸が続くことをイメージさせる言葉を使わないことも重要なポイントになります。お葬式には香典を持参するのが一般的ですが、不祝儀袋は相手の宗派に合わせたものを選ぶことが必要です。水引は結び切りで、表書きは仏式の場合は御香典か御香料とし、宗派がわからないときは御霊前とします。お通夜とお葬式の両方に参列する場合は、お通夜に渡せばよく、お葬式に改めて香典を渡す必要はありません。

一般的な仏式のお葬式では、抹香を香炉に落として焚く焼香という儀式が行われます。右手の親指、人差し指、中指で粉末状のお香をつまみ、押しいただいてから香炉に落とすのが基本的なやり方です。行う回数は1回または3回で、宗派によって異なります。相手の宗派に合わせるほうがよいとされていますが、迷った場合には1回で問題ありません。