お葬式の常識とは?知っておきたい遺族と参列者のマナー

一度きりのお葬式で納得のいくお見送りをするために

一度きりのお葬式で納得のいくお見送りをするために お葬式とは火葬の前後に行われる一連の儀式のことで、葬儀と告別式を合わせた言葉です。葬儀とは故人の冥福を祈りお別れする宗教的儀式で、故人や遺族の信仰する宗教や宗派のルールに則って行われます。これに対し、告別式とは故人と縁のあった人々が故人に最後の別れを告げる社会的儀式です。告別式は本来、お葬式を終えた後、埋葬の前に行うものでしたが、近年ではお葬式と同じ日に行うケースが増えています。宗教的な儀礼にとらわれない自由葬など新しいスタイルが登場したこともあり、無宗教葬でも使えるお葬式という言葉が使われるようになりました。

お葬式は参列者の範囲や行われる会場によりいくつかの種類に分けることができます。一般葬とは遺族や親族だけでなく友人や会社関係者、近所の人などが幅広く参列するもので、もっとも一般的なスタイルです。会社の代表者などが亡くなった場合に、会社主体、もしくは会社と遺族が合同で執り行う場合は社葬、合同葬と呼ばれます。どちらも参列者の範囲は広く、人数も多めです。親族だけ、または特に親しかった友人とともに故人を見送る家族葬は、会場が小規模で参列者も少なめですが、行われる内容は一般的なお葬式と同じです。故人が亡くなったことを周囲に知らせずに近親者のみで行われる密葬は、後日改めて本葬が行われる点で異なります。

お葬式が行われる会場は主に故人の自宅、お葬式を専門に行う会館やセレモニーホール、寺院や教会など宗教施設の3種類です。もっとも多いのは会館葬、斎場葬と呼ばれるもので、費用はかかりますが、家族の負担は少なくて済みます。菩提寺や所属する教会で行う寺院葬、教会葬は、厳かな雰囲気の中で行えるのが特徴です。近年増えている家族葬では、故人の暮らしていた自宅でお見送りをする自宅葬が見直されています。会場費用がかからないため費用を抑えられることもメリットです。

最近では、自由葬と呼ばれる新しいスタイルも登場しています。演奏家を招いて故人の好きだった音楽を演奏してもらう音楽葬などが代表的です。宗教的儀式を行わない無宗教葬も自由葬の一例ですが、自由葬は必ずしも無宗教葬とは限らず、宗教的な儀式を取り入れながら行われることも少なくありません。プログラムや演出を自由に決められることからプロデュース葬とも呼ばれる方法です。故人を弔うには、二日間にわたり通夜とお葬式を行うことが一般的ですが、最近では通夜を簡略化した一日葬も増えています。お見送りの選択肢が増えている現在、人生に一度しかないお葬式で納得のいくお見送りをするためには、故人と遺族の意思を尊重したスタイルを選ぶことがポイントです。

最新のお知らせ

  • [2018年11月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年11月09日]
    運営者情報を追加しました。